信仰の心理【ヤコブ1:2-4】

2022年

私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。

信仰が試されると忍耐が生じるということを、あなたがたは知っているからです。

その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。

ヤコブ1:2-4

 

ヤコブ書の著者、「ヤコブ」は、イエスキリストの復活の後に信仰を持ったようです。(使徒1:14 I コリント15:7 ガラテヤ1:19)。ヤコブはエルサレムの教会のかしらとなり、教会の柱として紹介されています(ガラテヤ2:9)。

迫害に遭い、離散したユダヤ人のキリスト者に宛てに励ましの手紙を書いたのです。

ヤコブが書いた手紙の最初に取り上げた事柄は、「試練」「忍耐」でした。

 

私たちは、「試練」が与えられると、主への「信頼」が揺り動かされ、主への「待ち望み(忍耐)」が生じます。

ヤコブは、この「信仰の真理」を、苦しみの中にある信仰の友たちに思い起こさせ、

「試練」を避けて通るのではなく、「試練の中」に立つことを勧めているのです。

「主を待ち望む」とは「忍耐」です。試練の中で忍耐を持って主を待ち望むのです。

そうすれば「何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。」と書いてあります。

 

基本的に誰もが、高みを目指して生きます。 常に向上心を持ち、自分のスキルを高め、社会人であれば出世しようとしますし、学生であれば、良い成績や、レベルの高い学校をめざして勉学に励むのです。 また、それと同時に、誰もが良い人間関係を望んでいます。

ですから「自己啓発」の書物が沢山存在し、セミナーなども沢山あります。今より、高みを目指すために、より良い豊かな人生にする為に、ヒントを得ようと、自己啓発に目を向けるのです。

「自己啓発」とは、自らの意思によって自分の能力を高め、心の成長を目指すことをいいます。自分自身のスキルアップになるため、仕事で結果を出すこと、プライベートを充実させることにもつなげることを目的としています。

これらの方法は、自己のモチベーションを上げ、自信を持たす方法です。自分で自分を満たそうとする「自己充足」なのです。

 

クリスチャンであってもなかっても、誰もがより良い生活、平和で安定し幸せな人生を望みます。

しかし、ヤコブは、「試練は喜ぶべきもの」と書いてあります。

自己啓発では、「試練は乗り越えるもの」ではないでしょうか?

 

「ピンチはチャンス」と言う言葉があります。ピンチ(試練)の時のとらえようを、何とかチャンスとして自分を飛躍することが出来るようにしよう。という意味ではないでしょうか?

もちろん、この思考も良いものだと思います。

 

自己啓発で「試練は喜ぶべきもの」という発想はないように思います。

「ピンチはチャンス」は自己の力や努力で、発想の転換をし、結果を方向転換させるのです。

聖書では、ピンチは避けて通るのではなく、うまく切り抜けるものでもなく、自分で報告転換するものではなく、「ピンチの中」にただ立つことを勧めているのです。

ただ「ピンチの中」からもがいて脱出しようとするのではなく、主を待つのです。

主を待つという「忍耐」が、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となると書いてあります。

どうして「試練」の中で、主を待つのでしょうか? 主の導きを聞くためです。

切に主に祈り、主の御声を聞く訓練を受ける為です。主の臨在と導き、助けを体験する為です。主が今も生きておられ、私を導き、私の想像を超えた導きを体験する為です。

 

聖書の教えと、世の中の常識に大きな差があります。これはよくある事です。ですから「今まで経験した常識」や「世の中の常識」に疑問を持たずに流されて生きないようにしないといけないのです。

 

 

 

「試練」が与えられると、主への「信頼」が揺り動かされ、主への「待ち望み(忍耐)」が生じます。

 

 

 

私たちは、日々の歩みの中で神の守りを祈らなければなりません。そして、神は、そのような私たちの祈りに応え、日々をお支え下さるお方であられます。しかし、それと同時に、もう一つの信仰の視点を持っていたいのです。神は、試練の中で、神への信頼をより深めて下さるとの視点です。ですから、試練をただ避け、ただ無くなり、ただ嘆くのではなく、嘆きの中で神への期待を抱いていくのです。さらに、ヤコブは、命じます。「その忍耐を完全に働かせなさい。(v4)」

 

ヤコブは、試練により生み出された神への待ち望みの姿勢を取り続けるよう命じています。そして、そうした継続的な神への待ち望みにあるところの祝福を記します。「そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。(v4)」その祝福とは、必ずしも状況が変わり、苦しみから抜け出すことではありません。確かに、そういうこともありますが、そうならないこともあります。祝福とは、私たち自身が成長を遂げていくことです。試練において神を待ち望み続ける中で、神は私たちを取り扱われ、練り清め、お育み下さるのです。「忍耐が練られた品性を生み出(ローマ5:4)」すのです。「何一つ欠けたところのない」「完全な者」とは、完璧な、全く欠けのない、どこか近寄り難いということではないでしょう。自分の無力さを知り、自分を空しくて、神に拠り頼み、友の苦しみを自らの苦しみとするような者、すなわち、イエス・キリストに似る者へとの成長でしょう。そして、これは、私たちの地上での生涯で完全に実現するものでなく、私たちの地上での生涯を終えた時、また主イエスが再びこの地に来られる再臨の時に実現するのです。

以上、これらは、ヤコブが記した言葉ですが、他でもなく、私たちを造られ、主イエスにより罪から救い出して下さった神ご自身が、ヤコブを通して、私たちの痛みを知り、語られているものです。「試練をこの上もない喜びと思いなさい」「忍耐を完全に働かせない」聖書において、神の命令は、神の約束でもあります。神が、私たちをそうお造り変え下さるのです。この神の命令と約束の前に、試練をただ嘆き、ただ取り去られることを願う者から、神への信頼をより深めて下さることの故に心の奥の部分で試練を喜び、神を待ち望み続け、神によって練り清められ、成長させていただき、神と人のお役に立つ者として歩ませていただきたいと願います。

タイトルとURLをコピーしました